鼻緒の交換と調整で履き心地が変わります。▶ご自分で調整は、ここをクリック

履いていると鼻緒がズレることがあります。定期的な調整で、履きやすさが維持できます。

  このような感じのとき、鼻緒の調整が必要かもしれません。


    前緒にヒビが入っていて、指に触る
     (指を傷つけることになりますので、早く交換することをおすすめします)

    ●鼻緒の前が緩くて歩きにくい
     (前緒を調節し、後ツボの具合をみると改良されます)

    ●全体的にきつく、履けない
     (まず、前緒を緩めることから調整します)

    ●歩いていると,足が痛くなる
     どこが痛いかによって、調節箇所が変わりますが、何とか調整できると思います)

    ●指の股のところがあたる
     (前緒が緩すぎるのかもしれません。足が入りすぎているのかもしれません)

    ●歩くと滑って足が疲れる
     (ほとんどの場合、後ツボをつめることで解決できそうです)

    ●鼻緒がのびてしまっている
     (鼻緒の状態にもよりますが、全体をつめることで解決できるかもしれません)

    本当は、直接お会いして調整したいのですが…

    ①お近くでしたら、その場で調節させていただきます。

    ②それが不可能な場合には、
     いま、最も履きやすい状態のお草履を、一緒にお送りいただけば、その草履に近い
     状態に調節させていただいて、ご返送いたします。

    ③お草履と一緒に、どの部分が、どのように不都合かをお聞かせください。
     白い紙の上に、足型をおとりいただいてお送りいただくと、調節の参考になります。

    ④鼻緒の調節などを済ませて、代引でお送りいたします。送料は着払いを基本とさせ
     ていただきます。元払い(当方の契約金額)の方が安い場合があります。