買ったお店で直してくれない  古いお草履で、お店が分からない  買ったお店がやめてしまった

私どもの布表右近の修理を承りました。
履いていて気持ちいい、足がつかれない、お草履より…と、ご愛用いただいています。


修理する布表右近を受け取り、基本処理をしました。



底のゴムがほとんど無くなっていましたので、残ったゴムを取り去り、サンドペーパーで平にしました。
天の布もへたった感じがありましたので、中性洗剤でクリーニングし、よく乾燥させました。     
台の塗装が剥げているので、ニスでお化粧をしました。
桐の目によって、ニスが同じようにのってくれません。部分修正しながら、お化粧が完了。
靴の補修用のゴムを張り、鼻緒を新しくして、布表右近の完成です。





この右近は、私どものオリジナルです。布表の右近の修理は、元通り…とはいきませんが、
結構、いい感じに仕上がりました。後は、お届けして鼻緒を調整させていただくばかりです。


今回の修理、お嫁に行った娘の里帰り…という感じでしょうか。