買ったお店で直してくれない  古いお草履で、お店が分からない  買ったお店がやめてしまった

お早めのお手入れをおすすめいたします。

草履の修理の目的は、2つに分かれます。  鼻緒の交換は、ここをクリック

ひとつは、長持ちさせるための修理。


修理が必要になる原因としては、次のような要因が考えられます。


●時間が経過したことによる品質の低下、


●歩くことによる摩耗、悪い条件での草履の使用(例えば雨の日)


●作り方の不備によるトラブル、材質の変質による破損


●歩き方の特長による品質の低下、強い衝撃(角にぶつけるなど)による破損


●無理が力がかかることによる破損…など、いろいろあります。


小さなトラブルをそのままにしておくと、大きな故障になることがあります。草履を大切にお履きいただくことは、履きやすさ、歩きやすさを維持するための大切なポイント。早めのお手入れが大切です。

もう一つは、履きやすさを維持するための修理。


履きやすいことは、草履の基本です。履きやすさのためには、微妙な調節が必要になります。痛い草履なとは論外です。次のような状況のときは、調節することをおすすめいたします。


●歩いていると指の一部が痛くなる(はじめて履かれるときに多いのですが、調整で痛くなくなります)


●歩いていると疲れやすい(先ツボが緩んでいる可能性があります)


●足を上げたとき抜けてしまうような感じがする(後ツボが緩い可能性があります)


●草履が滑る感じがする(後ツボの調整で解決できる可能性があります)


●歩くときにポコポコ音がする(これは調整・修理できない可能性があります)


ほとんどの草履は、調節によって、履き心地がかなり改善されます。